新潟県民限定

にいがた県民割キャンペーン にいがた県民割キャンペーン

利用期間:令和3年12月31日(金)まで ※宿泊の場合は、令和4年1月1日(土)チェックアウト分まで対象

予約期間:令和3年12月31日(金)まで

よくある質問

2021.09.15更新

キャンペーンの内容を教えてほしい

①旅行会社が販売する旅行商品の代金、又は宿泊施設が販売する宿泊商品の料金の半額又は一人1泊あたり5,000円のいずれか小さい方の額を割引。(日帰り旅行は一人あたり)※100円未満切捨
②①の割引を適用する対象者一人泊あたり2,000円の地域クーポン券を付与。(日帰り旅行は一人あたり)

予約期間は(再開後)

6月25日(金)~8月3日(火)となっておりましたが、新規予約再開に合わせ予約期間が変更となりました。
9月21日(火)~12月31日(金)で準備が整った宿泊施設、旅行会社から順次取扱開始となります。ただし、今後、取扱が変更になる場合があります。最新情報は使っ得!にいがた県民割キャンペーン公式ホームページをご確認下さい。

対象の旅行期間・宿泊期間は

令和3年6月28日(月)出発分(6月28日チェックイン分)~12月31日(金)出発分(1月1日チェックアウト分)となります。最新情報は使っ得!にいがた県民割キャンペーン公式ホームページをご確認下さい。

日帰り旅行の定義は

旅行業法に基づき、旅行代理店で販売されている日帰り旅行商品を本事業における日帰り旅行と定義します。
バス等の交通機関とセットになったプランが対象で、宿泊施設が販売している日帰りプランは対象外です。
日帰り旅行の割引を受ける場合は、キャンペーン取扱事業者に登録されている旅行代理店でご予約下さい。

どこに申し込めば良いのか

キャンペーン対象の宿泊施設に直接予約を入れて頂くか、キャンペーン対象の旅行商品を扱っている旅行会社で申し込めます。
対象の宿泊施設・旅行会社・クーポン取扱店舗は使っ得!にいがた県民割公式ホームページをご確認下さい。

新潟県民であることの確認はどうするのか

予約の受付をする宿泊施設及び旅行会社にて身分証明書(運転免許証や健康保険証など)により確認します。代表者及び同行者全員の身分確認を行います。

県外出身の県内在住者で免許証の住所変更を行っていない時の確認方法は

現住所宛の郵便物の提示で可とします。

県外在住者と県内在住者が一緒の場合はどうすれば良いか

本割引は県内在住者のみに適用となります。県外在住者が一緒だからと全員が適用外になるわけではありませんが、宿泊施設や旅行会社で精算を分けてもらうことが必要となります。
具体的には下記のとおりです。
・県内在住者は割引適用と地域クーポン券の受領
・県外在住者は通常料金での精算(地域クーポン券の受領もできない)

利用回数の制限はあるか

回数制限は設けていないため、何度でも利用可能です。

企業の出張案件等のビジネス利用は適用可能か

可能です。企業名での領収書発行も可能です。

市町村等が行っている割引制度との併用はできるか

可能です。本キャンペーンの割引額とクーポン券付与額を差し引いたお客様の「実質負担額」から市町村等の割引を適用する形となりますが、これが「0円」になるまでは適用可、それ以下となる場合は適用外となります。
なお後日返金のキャッシュバックが生じる場合についても、実質負担額が「0円」を下回る場合は「使っ得!」又は「市町村等の割引」いずれかを適用外とします。

「Go Toトラベルキャンペーン」との併用はできるか

不可です。「Go Toトラベルキャンペーン」を利用する場合は「使っ得!」の割引適用外となります。

子供、幼児も対象となるのか

1泊あたり5,000円以上の宿泊代金が設定されている子供、幼児であれば対象となります。

連泊は可能か

可能です。ただし1泊あたりの代金が異なる場合、割引額にも影響が出てきますので、必ず1泊あたりの内訳で計算をお願いします。
【例】1泊目:15,000円 2泊目:5,000円
⇒(割引額)1泊目:5,000円 2泊目:2,500円

キャンセルした場合はどうなるか

本キャンペーンの割引を受ける前の通常料金に対してキャンセル料がかかります。なお、キャンセル料は旅行者の負担となります。

地域クーポン券はどこで使えるのか

加盟店は随時参画募集としており、最新情報は使っ得!にいがた県民割キャンペーン公式ホームページより確認できます。
※クーポン券裏面のQRコードからもご確認頂けます。
※地域クーポン券の利用期間は、旅行開始日を初日とする10日間です。
例えば、旅行開始日が9月1日と記載されている場合、9月10日まで有効となります。ご利用にあたって留意くださいますようお願いします。

地域クーポン券は宿泊代金の残額や次回宿泊時の支払いに利用可能か

不可です。

利用者が旅行を申し込む以外にすることはあるか(「泊まっ得!にいがた県民割キャンペーン」の宿泊補助券のような申請や当日の書面持参 等)

利用者は予約時に「使っ得!」の割引適用商品で予約をしたい旨の意思表示をする必要があります。その上で宿泊施設又は旅行業者は割引適用商品での予約可否をお伝えします。
また支払時に宿泊施設・旅行業者から提示される「利用証明書」の内容確認と署名欄への代表者署名をして頂きます。当日の身分証明書持参は同行者全員分を忘れずにご持参下さい。

既に購入(予約)している商品も割引が受けられるのか

本キャンペーンの開始前に購入(予約)した商品は割引対象外となります。なお、キャンペーン適用のため一旦予約を取り消して新たに予約を取り直せば対象とすることは可能ですが、新たに予約を取り直しする際にかかった以前の予約の取消料は事務局では負担いたしません。

決済時に宿泊予約サイトのポイントを利用する上での制限はあるか

本キャンペーンの割引額と地域クーポン券付与額を差し引いたお客様の「実質負担額」からポイントを利用してこれが「0円」となるまでは適用可、それ以下となる場合は適用外となります。

大人2名で1室20,000円、子供2人(1人あたりプラス5,000円)の場合、計算はどうなるか

1人1泊あたりの宿泊代金で計算します。
【質問の例の場合】
宿泊代金 大人1人1泊:20,000÷2=10,000円 子供1人1泊:5,000円
⇒(割引額)大人1人1泊あたり:5,000円 子供1人1泊あたり:2,500円

宿泊施設への直接予約でチェックアウト時に決済の場合、その時点での割引申請でも良いか

不可です。割引適用は「事前に確定している」宿泊料金・旅行代金に対して行うこと、及び利用者の新型コロナウイルス感染症拡大防止対策に協力する同意が予めあった上で行うこととなっているためです。

地域クーポン券の旅行開始日が書かれていなかった場合

その地域クーポン券は無効となります。受け取った宿泊施設又は旅行業者に確認頂き、日付の記載を依頼して下さい。

地域クーポン券の旅行開始日が二重線や修正液で訂正されていた場合

その地域クーポン券は無効となります。受け取った宿泊施設又は旅行業者に確認頂き、新たな地域クーポン券と引き換えてもらって下さい。

地域クーポン券を受領後に急遽旅行予約がキャンセルとなった場合

キャンセルとなった分の地域クーポン券を受け取った宿泊施設又は旅行業者に必ずお返し下さい。万が一、旅行がキャンセルになったにも関わらず地域クーポン券の利用が確認された場合は警察等へ調査の依頼をします。